Now Loading...

修正型電気けいれん療法(m−ECT)について

修正型電気けいれん療法(m−ECT)について

修正型電気けいれん療法(m-ECT)の原型となる電気けいれん療法(ECT)は、1938年に開発され、統合失調症や躁うつ病など多くの精神疾患の治療に利用されてきました。
その後、麻酔科医による手技のもとに、より安全性が確保されたm-ECTが欧米から導入され、多くの総合病院精神科・精神科病院で行われております。
当院においても、m-ECTを2018年4月より施行開始いたしました。
原則として入院にて施行となります。

m-ECT室には治療に必要な機器が用意されています。

サイマトロン・麻酔器・人工呼吸器・ベッドサイドモニター・ターニケット・PC・救急カートなど
精神科医・麻酔科医・看護師がそれぞれの役割のもと治療を行います。

修正型電気けいれん療法(m−ECT)について()

(m-ECT室)

当院の回復室について

当院の回復室について

回復室は4床準備しており、それぞれに酸素・吸引ビンを設置してあります。
必要時、処置ができるように準備してあります。


Copyright© 2018 Sato Hospital All Rights Reserved.