Now Loading...

自立支援医療について

自立支援医療について

(2018.03.07更新)

自立支援医療とは

自立支援医療(精神通院医療)は、精神疾患(てんかんを含みます)で、通院による精神医療を続ける必要がある病状の方に、通院のための医療費の自己負担を軽減するものです。

自立支援医療について()

対象となるのは全ての精神疾患で、次のようなものが含まれます。

● 総合失調症
● うつ病、躁うつ病などの気分障害
● 不安障害
● 薬物などの精神作用物質による急性中毒又はその依存症
● 知的障害
● 強迫性人格障害など「精神病質」
● てんかん

病院又は診療所に入院しないで行われる医療(外来、外来での投薬、お薬代、デイケア、訪問看護、外来作業療法等が含まれます)が対象となります。

次のような医療は対象外となります。

● 入院医療の費用
● 公的医療保険が対象とならない治療、投薬などの費用
● 精神疾患・精神障害と関係のない疾患の医療費

●申請手続きについて

●申請手続きについて

●申請に必要なもの

●申請に必要なもの

※平成28年1月から個人番号(マイナンバー)の記入と個人番号カードの提示が必要です。
※マイナンバーの提出については、各市町村にご相談下さい。

医療費の自己負担

医療費の自己負担

※2 高額療養費制度について

一般の方であれば公的医療保険で 3割の医療費を負担しているところを1割に軽減します。
(例)かかった医療費が7,000円、医療保険による自己負担が2,100円の場合、本制度による自己負担を700円に軽減します。

●支給が認められたら

●支給が認められたら

※都道府県によっては、自立支援医療受給者証と自己負担上限額管理票が一つになっているところもあります。

受給者証の有効期間

●受給者証の有効期限は、原則として1年です。
●1年ごとに更新が必要になります。更新の申請は、おおむね有効期間終了3ヶ月前から受付が始まります。また、治療方針に変更がなければ、2回に1回は医師の診断書の省略ができますので、詳しくは申請した市町村にお問い合わせください。


Copyright© 2018 Sato Hospital All Rights Reserved.